このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 リフォーム 在宅勤務のためのリフォーム費用が最大100万円まで補助される?

在宅勤務のためのリフォーム費用が最大100万円まで補助される?

78view

2020.10.11

新型コロナウイルスの流行に伴い、在宅勤務などが企業の間で急速に広まり、働き方の多様化は一層加速しています。

テレワークには家族と過ごす時間が取りやすくなったり、通勤時間が短縮できたりなどのメリットがありますが、その一方自宅で仕事をすることに不便を感じた場面もあるのではないでしょうか。
家族の話し声や周囲の騒音が気になったり、長時間悪い姿勢でいることで腰が痛くなったりなど、今まで生活の場が仕事の場にもなったことで、これまで気にならなかった部分が不便に感じるようになった人も多いはずです。

在宅勤務の広がりが住まいに求められる機能に変化をもたらしたことを受け、国土交通省では自宅で仕事をするためにリフォームをする場合について、条件を満たせば費用の補助を受けられるよう検討を始めています。
さて、この補助制度、一体どのようなものになるのでしょうか?

在宅勤務用リフォーム補助の概要

在宅勤務用リフォーム補助は、既に行われている「長期優良住宅化リフォーム推進事業」に追加される形で実施される予定です。
長期優良住宅化リフォーム推進事業では、主に省エネルギー・耐震性能向上を目的としたリフォームについて費用を支援しています。

対象

リフォームを行う既存住宅であれば、戸建住宅・共同住宅ともに対象をなります。

主な要件

長期優良住宅化リフォーム推進事業の場合、リフォーム工事前に現況調査を行うこと、一定の住宅性能を満たすように工事を行うこと、工事の履歴と維持保健計画を作成することなどが条件になっています。

在宅勤務用のリフォームの場合も同条件になるのか、それとも違うものになるのかどうかは現段階では不明です。

補助対象費用

在宅勤務のための増築、防音対策、間仕切りの設置など。

金額

工事後の住宅性能に応じて100万円を上限に、補助対策費用の三分の一まで。

在宅勤務のためにリフォームを行えば、業務効率が向上するだけでなく、同居する家族の住心地やストレス軽減にも繋がります。
また、個人のためのスペースをつくることは、今後テレワークが不要になった場合でも、プライバシーの確保や趣味のためのスペースづくりにも活用できます。

もし在宅勤務のために自宅を改装することを考えているのであれば、リフォームに補助が出るのはまたとない機会です。在宅勤務用リフォーム補助事業について、今後しばらく動向をチェックしておくようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

おすすめリフォーム業者を探す